滝に誘う女

滝に誘う女
たきにさそうおんな

戸板康二の短編推理小説。昭和35年。清水寺を舞台に演出された完全犯罪。抜群の推理力を持つ老俳優中村雅楽が謎を解いてゆくという、演劇界に詳しい戸板ならではの構図。

「京の用語集」一覧に戻る