それでも私は行く

それでも私は行く
それでもわたしはゆく

昭和21年、京都日日新聞に連載された織田作之助の作品。終戦直後の京都先斗町の茶屋を舞台に描かれるさまざまな人間模様。主人公は三高を退学し京都を捨てようとする。

「京の用語集」一覧に戻る