室内

室内
しつない

竹内勝太郎の詩集。昭和3年発刊。この詩集は洛東の地をこよなく愛し、愛犬を連れて哲学の道の疏水べりを散歩するのが日課だった彼の、詩業のピークとも言える作品である。

「京の用語集」一覧に戻る