時雨をたづねて

時雨をたづねて
しぐれをたずねて

俳人高浜虚子の紀行文。昭和3年「改造」に掲載。時雨を求めて奥嵯峨、高雄を巡った一行は大原へ。寂光院への道で出会った時雨は明るい光の中に輝きながら落ちて来た。

「京の用語集」一覧に戻る