古都

古都
こと

昭和36~37年、朝日新聞に連載された川端康成の小説。川端好みの京都の風物詩を、双生児として生まれながら別々に育った千重子、苗子のドラマに丹念に織り込んだ作品。

「京の用語集」一覧に戻る