黒髪

黒髪
くろかみ

大岡昇平作。昭和36年「小説新潮」発表の短編。男性遍歴に疲れ果てた孤独な女は哲学の道で出会った尼僧に従って出家する。戦場で死線をさまよった大岡自身を投影した作品。

「京の用語集」一覧に戻る