黒い眼と茶色の目

黒い眼と茶色の目
くろいめとちゃいろのめ

徳富蘆花の小説。大正3年12月刊。若き日の自身の初恋とその破綻を主題とした作品。作家への転機ともなった京都洛西の清滝には、逗留を偲ぶ蘆花の碑がひっそりと建っている。

「京の用語集」一覧に戻る