虚鈴

虚鈴
きょれい

瀬戸内晴美の短編小説。昭和48年に得度し、嵯峨野に住んでいる彼女の見聞に基づいて書かれたもの。尺八を吹くタクシーの運転手は破戒によって寺を追われた僧その人なのか。

「京の用語集」一覧に戻る