京の小袖

京の小袖
きょうのこそで

芝木好子の短編小説。京都の旧家の男に求婚された東京生まれの染織家は、実家で見せられた家宝の古い小袖に女の怨霊をかいま見、風土の違いを思い知る。

「京の用語集」一覧に戻る