京都まで

京都まで
きょうとまで

林真理子の短編小説。昭和57年発表。文庫「最終便に間に合えば」に入っていて、直木賞を受賞した出世作。清水寺、詩仙堂、鴨川の河川敷、京懐石に年下の男。東京で多忙な日々を送っていた編集者の恋の舞台装置は完璧だった。

「京の用語集」一覧に戻る