おぼろ夜

おぼろ夜
おぼろよ

昭和24年、阿部知二作。第二次大戦後、権威や価値観の急激な崩壊のなかで、自己の主体性を取り戻すために、求愛を拒絶した相手を抹殺した学生の悲劇を描いた作品である。

「京の用語集」一覧に戻る