ある心の風景

ある心の風景
あるこころのふうけい

梶井基次郎の短編小説。昭和元年「青空」に掲載。借金と酒、遊郭と病気。三高時代の体験に幻想を織り混ぜて描いた作品で、荒廃した窓の外の風景に自分の心の投影を見る。

「京の用語集」一覧に戻る