京石工芸品

京石工芸品
きょういしこうげいひん

古代の古墳文化にはじまるともいわれる石造文化は、仏教伝来とともに大きく発展していきました。なかでも京都は、比叡山麓(ひえいさんろく)、白川の里から良質な花崗岩(かこうがん)が産出し、また鋭い美意識を持った茶道文化の影響を受けたこともあって、非常に洗練された石工芸技術が育まれました。過去の名品は「本歌(ほんか)」と呼ばれ、伝統的な技法で現在もつくられています。

「京の用語集」一覧に戻る