白山神社のツクバネガシ

白山神社のツクバネガシ
はくさんじんじゃのつくばねがし

白山神社の社殿裏にある小高い古墳様の丘にツクバネガシがそびえています。幹周7.9m、根元から2本に分かれて伸びた樹高は18mにもおよぶ巨木です。根元の空洞には白山神社の使いであるヘビが住んでいたと伝えられています。「京都の自然200選」のひとつに選ばれています。

「京の用語集」一覧に戻る