精大明神像

精大明神像
せいだいみょうじんぞう

白峯神宮。平安朝の昔から鞠の守護神「精大明神」を、その道の宗家である公家の飛鳥井家が邸内に祀って代々尊崇されていました。近年は球技スポーツ全般の守護神として広く知られ、全国で唯一の「闘魂守」を求めて各地から参拝する人が多い。
4月14日(春季例大祭)と7月7日(精大明神祭)には<蹴鞠>が伝統を受け継ぐ蹴鞠保存会によって、古式ゆかしく奉納されます。
また、精大明神は「七夕の神」ともいわれて、芸能・学問の向上を祈っての七夕祭には<小町をどり>があでやかに奉納されます。

「京の用語集」一覧に戻る