かるた

かるた
かるた

百人一首(ひゃくにんいっしゅ)や花かるたなどのかるた類がつくられるようになったのは江戸時代(17~19世紀)からだといわれています。以来現在まで、かるたといえば、そのほとんどが京都で生産され、全国に出荷されています。練習用のものから、長い経験と熟練を必要とする手づくりのかるたまで、幅広い種類があります。

「京の用語集」一覧に戻る