大覚寺 五大明王像

大覚寺 五大明王像
だいかくじ ごだいみょうおうぞう

大覚寺の御本尊。平安時代後期の仏師明円作の五大明王像(重文)は、現在霊宝館内に安置。現在本堂(五大堂)にまつられている五大明王像(金剛夜叉明王、降三世明王、不動明王、軍荼利明王、大威徳明王)は、京都の大仏師松久朋琳と人間国宝松久宗琳作。写真は不動明王像。
その他にも重文として、室町時代製作の五大明王像をもう一組霊宝館内に所蔵。
ホームページ https://www.daikakuji.or.jp/

「京の用語集」一覧に戻る