智積院 国宝障壁画

智積院 国宝障壁画
ちしゃくいん こくほうしょうへきが

智積院にある桃山時代作の国宝絵画。収蔵庫に展示されている障壁画。長谷川等伯を初め門下生が描いたという「松に黄蜀葵図」、「桜図」、「楓図」、「松に秋草図」などはいずれも桃山時代を代表するもの。金地に極彩色で描かれ豪華絢爛さを誇っている。

「京の用語集」一覧に戻る