法界寺 木造阿弥陀如来坐像

法界寺 木造阿弥陀如来坐像
ほうかいじ もくぞうあみだにょらいざぞう

法界寺にある平安時代作の国宝彫刻で、阿弥陀堂に安置されている。平等院鳳凰堂ご本尊に最も近い定朝様式の典型的な優れた仏像で、寄木造、漆箔、八角九重の蓮華座の上に飛天光を背にして坐る。丈六、上品上生(弥陀定印)の像で、穏やかな慈容に流れるような衣文をたたんで薄い衣をまとい、円満豊麗な藤原時代阿弥陀仏を代表するものである。常時公開…国宝阿弥陀堂内陣

「京の用語集」一覧に戻る