醍醐寺三宝院 純浄観

醍醐寺三宝院 純浄観
だいごじさんぼういん じゅんじょうかん

大閣秀吉が槍山で花見をしたときの建物を移築したものといわれています。襖絵の桜・紅葉は、平成に入って日本画家・浜田泰介画伯が描いたものです。

【非公開】

「京の用語集」一覧に戻る