清凉寺 木造文殊菩薩騎獅像

清凉寺 木造文殊菩薩騎獅像
せいりょうじ もくぞうもんじゅぼさつきしぞう

清凉寺にある平安時代作の重要文化財彫刻。元は本堂の本尊釈迦如来立像の脇に安置されていたが、現在は霊宝館に収蔵されている。春(4・5月)秋(10・11月)に公開される。

「京の用語集」一覧に戻る