清凉寺 木造十大弟子立像

清凉寺 木造十大弟子立像
せいりょうじ じゅうだいでしりゅうぞう

清凉寺にある平安時代作の重要文化財彫刻。元は本堂の本尊釈迦如来立像の脇に安置されていたが、現在は霊宝館に収蔵されている。富楼那(ふるな)像や羅※羅(らごら)像など型にはまらない自由な表情の作品が多い。写真は富楼那(ふるな)像。春(4・5月)秋(10・11月)に公開される。

※は偏が「目」で旁が「侯」の漢字です。

「京の用語集」一覧に戻る