春光院 銅鐘

春光院 銅鐘
しゅんこういん どうしょう

妙心寺塔頭の春光院にある桃山時代作の重要文化財工芸品。高さ60cmと小さいが、イエスの略字と十字架、三枝花文様、裏に1577(天正5)年の銘があり「南蛮寺鐘」とも呼ばれる。

「京の用語集」一覧に戻る