六道珍皇寺 木造薬師如来坐像

六道珍皇寺 木造薬師如来坐像
ろくどうちんのうじ もくぞうやくしにょらいざぞう

六道珍皇寺にある藤原期(平安後期)作の重要文化財彫刻。その坐像は、蓮華台の上に結跏趺坐をし、左手は趺坐の上に仰向けて薬壷を捧げ、右手は施無畏印(せむいいん)を示す。頭部が古く、他は後補であるが、重厚味のある坐像。拝観は事前に電話、FAX、ハガキで申込みが必要。

「京の用語集」一覧に戻る