妙法院 庫裏

妙法院 庫裏
みょうほういん くり

妙法院にある桃山時代建築の国宝建造物。建棟高60尺近い建物。内部は土間・板間・座敷に分かれ、天井は小屋組が露出している。豊臣秀吉が千僧供養を行った際の台所として建てられたと伝える。内部は通常非公開(特別拝観時のみ公開有り)

「京の用語集」一覧に戻る