平安神宮 大極殿

平安神宮 大極殿
へいあんじんぐう だいごくでん

平安神宮にある国の重要文化財。応天門の真北、本殿の南側にある。正面30m、入母屋造の屋根は碧瓦を葺き棟の両端には金色の鴟尾(しび)を置いている。平安京の大内裏朝堂院の正殿大極殿を模造したもの。前庭左右に「左近の桜」「右近の橘」が配置され、さらには龍尾檀という勾欄が設けられ上下に仕切られている。常時公開

「京の用語集」一覧に戻る