仁和寺 遼廓亭

仁和寺 遼廓亭
にんなじ りょうかくてい

江戸時代建築の重要文化財建造物。二畳半台目の茶室と広間・水屋等からなる草庵風と書院式を加味した茶席。仁和寺門前の尾形家から移したと言われている。その露地庭は築山に小池をうがち、飛び石と延段を配した書院式茶庭である。

「京の用語集」一覧に戻る