鞍馬寺 木造毘沙門天立像

鞍馬寺 木造毘沙門天立像
くらまでら もくぞうびしゃもんてんりゅうぞう

鞍馬寺に伝わる平安時代作の国宝彫刻。一木彫の白木の像で、右手に鉾を持ち、左手を目の上にかざして京都を望む北方鎮護の姿である。(鞍馬山霊宝殿にて拝観できる)

「京の用語集」一覧に戻る