千本釈迦堂(大報恩寺) 木造十大弟子立像

千本釈迦堂(大報恩寺) 木造十大弟子立像
せんぼんしゃかどう(だいほうおんじ) もくぞうじゅうだいでしりゅうぞう

千本釈迦堂(大報恩寺)にある鎌倉時代作の重要文化財彫刻。像高約90.8cm、玉眼入りの彩色像で、霊宝館に安置する。このうち阿難尊者の体内文書に建保6、7年(1218、19)の銘があり、目連尊者の右足に「巧匠法眼快慶」の墨書銘がある。常時公開…霊宝殿

「京の用語集」一覧に戻る