神護寺 絹本著色伝源頼朝像

神護寺 絹本著色伝源頼朝像
じんごじ けんぽんちゃくしょくでんみなもとよりともぞう

神護寺にある鎌倉時代作の国宝絵画。鎌倉幕府初代将軍源頼朝の肖像画で、藤原隆信筆と伝える。しゃくを手に剣を帯し束帯をつけた公卿姿坐像で、覇気と気品に満ち、内面描写に優れた肖像画。毎年5/1~5/5に特別公開される。

「京の用語集」一覧に戻る