広隆寺 木造弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)

広隆寺 木造弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)
こうりゅうじ もくぞうみろくぼさつはんかぞう(ほうかんみろく)

広隆寺にある飛鳥時代作の国宝彫刻。創建当時の本尊と伝えられる。国宝第1号。赤松の一木造で高さ約124cm。右足を左膝に乗せ、右手をそっと頬に当てて思索にふける半跏思惟像で微かに微笑んだ表情が美しい。常時公開…霊宝殿

「京の用語集」一覧に戻る