本願寺 飛雲閣

本願寺 飛雲閣
ほんがんじ ひうんかく

金閣、銀閣と共に「京の三名閣」の一つに数えられる国宝建造物。
境内地東南に位置する「滴翠園」の中に建てられ柿葺の三層からなる楼閣建築で、前面が滄浪池に面し、舟で出入りするように造られている。金閣・銀閣が左右対称であるのに比べ、建物全体が非対称に造られており、不規則な中にも巧みに調和が保たれている。見る位置によって変化する多彩な姿を楽しませてくれる。

「京の用語集」一覧に戻る