東寺(教王護国寺) 南大門

東寺(教王護国寺) 南大門
とうじ(きょうおうごこくじ) なんだいもん

東寺(教王護国寺)にある桃山時代建築の重要文化財建造物。九条通に南面して建つ、東寺伽藍正面の門をいう。焼失したため、明治28年(1895)に平安遷都1100年記念として、三十三間堂の西門を移築したもので、慶長6年(1601)建造の八脚門。開門時間5時~17時。

「京の用語集」一覧に戻る