東寺(教王護国寺) 大師堂

東寺(教王護国寺) 大師堂
とうじ(きょうおうごこくじ) だいしどう 

東寺(教王護国寺)にある南北朝時代建築の国宝建造物。境内西北隅にあり、もとは西院と呼ばれた。弘法大師在世時の住房と伝えられる。内部は前堂と後堂からなり、前堂には国宝弘法大師坐像を、後堂には大師自作と伝えられる国宝不動明王坐像(秘仏)を安置する。不動明王坐像は秘仏のため常時非公開。

「京の用語集」一覧に戻る