神護寺 梵鐘

神護寺 梵鐘
じんごじ ぼんしょう

神護寺にある平安時代鋳造の国宝工芸品。高さ1.47m、口径80.3cmの銅製の鐘。古来「三絶の鐘」と呼ばれている。鐘身に鋳出された銘文は橘広相が序詞をつくり、菅原是善が銘を選び、藤原敏行が書いたもの。常時非公開。

「京の用語集」一覧に戻る