高台寺 傘亭

高台寺 傘亭
こうだいじ かさてい

高台寺にある桃山時代建築の重要文化財建造物。霊屋より東の山の上に位置する茶室。その南側にあるもうひとつの茶室、時雨亭とは土間廊下でつながっている。内部には天井がなく、屋根裏がから傘を開けたように見えることから、傘亭と呼ばれている。時雨亭とともに伏見城から移されたといわれている。

「京の用語集」一覧に戻る