妙心寺 法堂

妙心寺 法堂
みょうしんじ はっとう

妙心寺にある江戸時代建築の重要文化財建造物。明暦3年(1657)建立。住職が法要儀式を行うところで、須弥壇だけを設ける。仏殿より一層大きく、一段と禅宗様(唐様)に徹した造りになっている。内部の鏡天井に狩野探幽筆の雲龍図がある。常時公開。儀式のため、拝観できない場合他の伽藍を案内。
問合せ先:妙心寺 075-461-5226(受付時間9:10~16:40)

「京の用語集」一覧に戻る