賀茂なす

賀茂なす
かもなす

賀茂なすは、もともと京都市北区の上賀茂で栽培されていきました。旬は夏で、ころんと丸くて大きく、黒紫色が美しいナスです。食べ方は、炊くよりも、焼くか、油で揚げるかして、田楽などにするのが適しているようです。最近では上賀茂以外の地域でもたくさん栽培されていますが、やはり上賀茂産は、独特のおいしさがあるのだとか。京都の伝統野菜の中にはほかにも、山科なす、漬物にされる小さなもぎなすがあります。

「京の用語集」一覧に戻る