小堀遠州

小堀遠州
こぼりえんしゅう

小堀遠州(こぼりえんしゅう、1579-1647)は本名を政一といい、「遠江守(とおとうみのかみ)」に任じられたことから一般に「遠州」という名で呼ばれています。北近江小堀村の出身で、小堀家は当時浅井家の家臣であり、信長に滅ぼされた後は、長浜城を任された羽柴秀吉の弟、秀長に仕えました。遠州は秀長が大和郡山に領地を持ったころ、その城下で千利休らと親交をもったといわれています。父は関ヶ原の戦で徳川家に付き、その功によって備中松山城を与えられています。父の死後は遺領を継ぎ、その後、作事奉行として駿府(すんぷ)城や大坂城、御所などのおおがかりな工事を任せられるようになりました。ゼネコンプロデューサーとして各地を転々としながらも、伏見奉行となったころから、ようやく好きな茶の湯に時間を割く余裕もでき、遠州の代名詞ともいわれる「きれいさび」を極めていきました。これは和歌などの王朝文化の香りを茶の湯に取り込むことによって、雅な世界へといざなうかのような精神です。茶道具にも和歌に因んだ銘が多いことからもわかります。また、茶室の窓は古田織部(ふるたおりべ)の好みよりももっと増やし、広さも大きい方が良いとの考えから、草庵風茶室よりも、書院茶室主体へと移行していきました。利休の「わび」、遠州の「きれいさび」。どちらも一流の茶人たちが考案した素晴らしい境地といえるでしょう。

「京の用語集」一覧に戻る