菩薩像

菩薩像
ぼさつぞう

「菩薩(ぼさつ)」とは大いなる悟りを開こうと努力をしている方、つまり「如来(にょらい)」になることを目指して仏道修行をされている方、またその一方で助けを求めているものに、救いの手を差し伸べてくれるありがたい存在です。出家前のお釈迦さん(出家を決心する前は、釈迦族の皇太子でした)を、イメージしているので、王族階級のエレガントな身なりをしていることが菩薩像の大きな特徴です。髪の毛を結いあげたり、宝冠をかぶったり、ショールを羽織ったり、アクセサリーで胸や腕を飾ることもあります。また比較的、立像(立っている姿の像)が多いのは、救いの必要な者のところに歩み寄ってきてくれる、そのフットワークを表現しているからなのです。菩薩像の例としては、「観音菩薩像」「地蔵菩薩像」「弥勒(みろく)菩薩像」「虚空蔵(こくぞう)菩薩像」「普賢(ふげん)菩薩像」「文殊(もんじゅ)菩薩像」など数多くいらっしゃいます。

「京の用語集」一覧に戻る