小堀遠州

小堀遠州
こぼりえんしゅう

小堀遠州(こぼりえんしゅう、1579-1647)は本名「小堀政一」。その役職が「遠江守(とおとうみのかみ)」であったことから「遠州」と呼ばれるようになりました。北近江の出身で、父は浅井長政に仕えていましたが、遠州が生まれたころには、浅井家は織田信長に滅ぼされ、北近江は羽柴秀吉が治めていたころでした。遠州は秀吉の弟、秀長に仕え、その領地であった大和郡山で近くの堺の商人・茶人とも交流があり、千利休と出会ったのもこのころとされています。その後秀吉のいる伏見城に出仕し、そこで古田織部(ふるたおりべ)に茶の湯の手ほどきを受けました。秀吉が亡くなると、今度は徳川家康に仕えます。関ヶ原の戦い以降、備中(びっちゅう)・駿府(すんぷ)・北近江・伏見と各地を転々とし、それぞれの地で作事奉行として建築や造園にその手腕を発揮します。仙洞(せんとう)御所など宮中や駿府城・名古屋城など、宮中・幕府の大きな仕事を任されていた大手ゼネコン的な存在だったのでしょう。二条城二の丸庭園や南禅寺金地院も遠州の作とされています。また当時から作庭の神様的な存在でしたので、各地で遠州の造った庭という伝説が多く生まれました。全国を渡り歩いた遠州だけに、造園に携わった可能性もありますが、むしろそれは庭園史に残る遠州の存在の大きさを表していると考えたいですね。

「京の用語集」一覧に戻る