千本釈迦堂(大報恩寺)本堂

千本釈迦堂(大報恩寺)本堂
せんぼんしゃかどう(だいほうおんじ)ほんどう

千本釈迦堂(大報恩寺)にある鎌倉時代初期安貞元年(1227年)建築の国宝建造物。鎌倉初期の遺構としては本市に現存する最古のもの。外観は簡素な構造であるが、内部には中陣の天井周りの七宝つなぎなどの装飾がある。常時公開…境内中央

「京の用語集」一覧に戻る