師走の風物詩、南座の顔見世

師走の風物詩、南座の顔見世
しわすのふうぶつし、みなみざのかおみせ

京阪神ばかりか全国各地から歌舞伎ファンが集まってくる四条・南座の吉例顔見世興行は、冬場に数少ない京の年中行事として貴重な観光資源にもなっています。顔見世とは歌舞伎界のオール・スターが出演して、舞台で芸を競い合う歌舞伎のフェスティバルです。現在はほかにも10月の名古屋・御園(みその)座と11月の東京・歌舞伎座で「顔見世」と銘打った歌舞伎公演がありますが、最も権威があり、スケール大きく、数々の古式ゆかしい行事も執り行われるのが、12月の南座の顔見世です。もともと顔見世は江戸時代から明治の初めまで旧暦霜月(現在の11月)に江戸や京阪の主だった芝居小屋で開かれたものです。当時は役者の専属契約が毎年秋に更新され、劇場ごとに新しい座組みをお披露目するために華々しく催されました。今日では松竹が歌舞伎全体をまかなうようになり、東西の歌舞伎役者の大顔合わせというふうに顔見世の意味づけも変わっています。

「京の用語集」一覧に戻る