高山寺 石水院(五所堂)

高山寺 石水院(五所堂)
こうさんじ せきすいいん(ごしょどう)

右京区栂尾高山寺にある鎌倉時代建築の国宝建造物。五所堂ともいい、貞応3年(1224)、後鳥羽上皇の賀茂の御学問所を賜ったものと伝えられる。単層、入母屋造の住宅風建築を、後に正面に向拝を付して拝殿風に改めた。創建以来、何度も移築と改造を繰り返し、明治22年(1889)に現在の地に移された。

「京の用語集」一覧に戻る