鉦鼓

鉦鼓
しょうこ

鉦鼓(しょうこ)は唯一の金属製打楽器です。鼓という漢字を書きますが、本当は金属製です。太鼓の音色にアクセントを付けること、子拍子を告げることなどの役割があります。太鼓と同様に管絃合奏には釣鉦鼓、舞楽には大鉦鼓、道楽には荷鉦鼓が用いられます。深皿型をした金属を丸い木枠の中に3方から紐(ひも)で固定しています。凹面を先の丸い撥(ばち)で打ちます。左手の撥を久、右手の撥を礼といい、小節の第1拍目に左または右手だけで1打する打法と左右両手の撥で打つ奏法があります。片手で打つ「金」(または、ちんともいう)と、両手で打つ「金金」(または、ちちん)があり、「金金」は必ず左手が前打音的に入ります。鉦鼓の奏法は、摺(する)と拾(ひろう)とがあります。荷鉦鼓は、荷太鼓同様に2人で担い棒を担ぎ、右側に奏者が寄り添い、歩きながら中央につり下げた青銅製の縁のある皿型の凹面を2本の撥を用いて演奏するのです。

「京の用語集」一覧に戻る