太鼓

太鼓
たいこ

雅楽に使用する太鼓を総称して楽太鼓(がくだいこ)といいます。楽太鼓には釣太鼓(つりだいこ)、大太鼓(だたいこ)、荷太鼓(にだいこ)などといったそれぞれの用途によって使い分けています。釣太鼓は、円形の木の枠に太鼓がつり下げてあるのでこの名があります。管絃合奏だけでなく舞楽の時にも大太鼓の代用にこの釣太鼓を使います。大太鼓は、舞楽に用いる太鼓で、鼓胴の周囲に火焔(火の燃えている模様)が刻んであるので、火焔太鼓ともいいます。大きさの規定は特にありませんが、1.85メートルから2.48メートルと所有する各社寺によりまちまちです。曲の大きい拍子を刻むその音色は、雷鳴のごとく腹に響きます。荷太鼓は雅楽を歩きながら演奏する道楽(みちがく)の時に用います。長い担い棒に太鼓をつり下げ、前後2人でこれを肩に担ぎ、太鼓の右側に奏者が寄り添って歩きながら打ちます。

「京の用語集」一覧に戻る