三鼓・壱鼓

三鼓・壱鼓
さんのつづみ・いっこ

舞楽で右方の舞を舞うときに伴奏するのは高麗楽(こまがく)ですが、唐楽で用いる鞨鼓(かっこ)が高麗楽では三鼓(さんのつづみ)に取り替えて演奏します。台はなく直接、床や舞台に置いて左手で支え、右手で撥(ばち)を持ちます。楽譜では「帝(てん)」と書き、右舞のリズムを取るときには帝帝(てんてん)を繰り返し唱えているのは、そのためです。中央が細くくびれている鼓胴は、現在能楽や長唄の囃子(はやし)に用いている鼓(子鼓・大鼓)に似ています。これと同系統の打楽器には小さい順から壱鼓(いっこ)、二鼓、三鼓、四鼓まであったそうですが、現在は壱鼓と三鼓のみです。壱鼓は、道楽(みちがく)の先頭に位置し、曲と列のリーダーを務めます。鼓のうち一番小さく、懸紐(かけひも)で首から身体の前方につるして、右鼓面を右手に持った1本の撥で打ちます。それ以外は、ほとんど使用されていないのが実状です。

「京の用語集」一覧に戻る