鞨鼓

鞨鼓
かっこ

鞨鼓(かっこ)は管絃の合奏や左方の舞の伴奏で用いる楽器で、細かく打ったり、だんだん速く打ったり、雅楽独特の音に深い印象を与えています。鞨鼓は、雅楽の打楽器のうちで第一に位し、演奏の速度を決め、終わりの合図も演奏しながらするので、奏者は楽長や年長者が受け持つことになっています。オーケストラでいえば、鞨鼓の奏者はさしずめ指揮者、コンダクターにあたります。鼓胴と左右の鼓面、これを締め付けている緒と鞨鼓を乗せる台からなっており、2本の撥(ばち)で鼓面の中心を打ちます。鼓胴は桜や樫の木を用いています。唐草模様の彩色や漆を塗って蒔絵が施されているものもあります。鼓面は2枚で鉄の輪に馬の皮を張り、胡粉が白く塗ってあります。奏法として、ぽんと一つだけ1本の撥で鼓面の中心を打つ「正(せい)」、細かく連続して打つ「来(らい)」とがあります。来の打ち方に片来(かたらい)・諸来(もろらい)があります。

「京の用語集」一覧に戻る