北野天満宮 本殿、石の間、拝殿及び楽の間

北野天満宮 本殿、石の間、拝殿及び楽の間
きたのてんまんぐう ほんでん、いしのま、はいでんおよびがくのま

北野天満宮にある桃山時代建築の国宝建造物。中門を入ったところに南面して建つ社殿で、菅原道真公を主祭神とし、相殿に中将殿と吉祥女を祀る。建築様式は八棟造(権現造)で、本殿と拝殿を石の間で結び、左右に楽の間を付す。

「京の用語集」一覧に戻る