和琴

和琴
わごん

和琴(わごん)は日本固有の楽器です。遺跡から出土している様子や埴輪に表現されたことから、和琴の起源は神代であろうと推察されます。神話では、弓六張を立て並べ絃をたたいて鳴らしたと書かれています。後に現在の形となり御神楽に用いられました。一名「やまとごと」と言われます。久米歌・大歌(おおうた)・東遊(あずまあそび)にも用いられます。古くは管絃にも用いられていたそうです。名器として鈴鹿、河霧などが有名です。箏と同じ桐の木で、長さ190センチ、横18センチ、厚さ4センチです。絃は、6本あり、柱は楓の枝を用います。琴軋(ことさき)という鼈甲(べっこう)や水牛で作られた小さい片で絃を掻き鳴らします。

「京の用語集」一覧に戻る